親知らず抜歯から10日程で、飛蚊症突然悪化しました。

飛蚊症とは、青空や白い壁を見つめた時に、虫や糸くずのような「浮遊物」が飛んでいるように見える症状です。

浮遊物の正体は、眼球の硝子体(白目部分)にある「濁り」です。

これが網膜に映る時に、虫が飛ぶように見えることから、医学的に「飛蚊症」と呼ばれています。

まあ、大体は生まれつきや加齢(40歳代以降)などの生理的現象が原因みたいです。

でも、時には重篤な眼病、例えば、「網膜裂孔」や「網膜剥離」などの初期症状の場合もあるそうなので、自覚した場合は眼科での眼底検査が勧められています。

あなたも、飛蚊症を自覚した場合、上記した眼病のリスクを除外するため、まずは眼科医、できれば万一の場合の手術やその予約が可能な大きめな眼科医を受診してください。

スポンサーリンク



話を戻して、私は現在、40歳代半ばの中年ですが、生まれつきの飛蚊持ちです。

見え方としては、両目とも画像1みたいに透明な糸くずが2、3個程浮遊し、青空を見つめた時ぐらいしか認識できない程度でした。

画像1
画像1



ところが、突然、右目のみが画像2のように、右端に濃い線や時にはが見え始めました

最初は、本当に虫がいるのかと、おもいっきり右後ろをふり返った程です。

画像2

画像2



飛蚊パターンが大きく変わったので、やばいと思いつつ、総合病院の眼科に検査に行きました。

まあ、検査の結果、担当医は「老化現象ですな。慣れるしかありません。」と、素っ気ない説明です。

でも、この飛蚊どもは、色が濃いし、視線によっては6個程に増加するし、回転したり形も変形したりします。

納得いかなかったので、別の日に他の眼科を受診しましたが、結果は同じでした。結構、ショックでした。

一人の眼科医からは、「1月程で慣れるし、濁りが沈んで視界から見えなくなる場合もある。」とか説明されましたけど、俄には信じられません

実際、2~3週間経過した今でも慣れないし、「虫がいる!」とギョッとて右後ろにふり返ることも度々です。

スポンサーリンク



こんな訳で、ネットで飛蚊症の治療法や、せめて改善に効果がある薬・サプリメントがないか調べましたが、今一つな結果でした。

どのサイトも飛蚊症の症状や原因は詳しく述べていても、実際の治療法については、「慣れる」とか、「気にならなくなる」とかの曖昧なものでした。

東京のとある眼科クリニックで、YAGレーザーでの治療を開始した旨ヒットしましたが、治療費や施術結果との費用対効果を考えると、今一歩踏み込めません。

サプリメントについても、色々言われますが、業者の煽りが多く、そもそも、これで治る又は改善することはないとも言われていました。

この飛蚊症は悩んでいる方が結構多く、2chでも専用スレッドがあり、色々意見が交わされていました。

私の症状は、2ch的には「中度飛蚊症」に該当するのかな。

まあ、治らないとしても、せめて飛蚊どもが薄くなるか若しくは悪化しないことを期待して、以下のサプリメントを購入して飲み始めました。

購入サプリ

一つ目のサプリメント(画像右)は、ヒアルロン酸補給用です。

私の場合、加齢や近視で硝子体が縮小したことによる「後部硝子体剥離」が原因の一つと考えられます。

このため、硝子体の構成要素であるヒアルロン酸を補給すれば、濁りの改善や悪化抑制が期待できるのではないか考えました。

このサプリメントは、美容のために妻が購入していたのを分けてもらっています。

もう一つは、ボシュロム製の「オキュバイト+ルテイン」です。

選んだ理由としては、網膜列孔により飛蚊症が悪化した方が、このサプリメントにより飛蚊が改善された旨をブログで報告されていたからです。

他にも、抗酸化作用のアップ、老化による黄斑変性症の予防に効果がある旨、複数の眼科医が述べていました。

特にある眼科医の方は、オキュバイト+ルテインのみが臨床試験をし、その効果を証明した唯一サプリメントであると力説していました。

そして、他のブルーベリー系のサプリメントは、値段ばかり高くて科学的根拠(エビデンス)がないもの、ザックリ言えば、胡散臭い旨を強調されていました。

まあ、私としても、その言説の全てに同意するものではありませんが、説得力がある内容でした。

一応、自分でも調べてみたのですが、オキュバイトシリーズのあるサプリメントについては臨床試験済のようで、オキュバイト+ルテインは一部成分(おそらく亜鉛)を日本人向けに調整したサプリメントのようです。

ただ、私の中での信頼性がアップしたのは事実ですし、購入に踏み切るには十分な理由でした。

他にも、最近はスマホ老眼について注意喚起されてますし、総合的な眼病予防にも効果的とも考えました。

こんな訳で、ヒアルロン酸については特段お勧めなものはありませんが、オキュバイト+ルテインについては、ご検討頂ければと思います。

以上のサプリメントは、飛蚊症の改善に果たして効果があるのか、出来たら1月ごとに報告していきます。

私自身、過度な期待はしていません。

でも、やっぱり「効果があったらいいな~」と考えています。

ここで一句、
飛蚊症 明るい空が 憂鬱かな

では、また。


追記1

以下にサプリ摂取よる改善対策の1ヶ月ごとの経過報告をしています。
良かったら読んでみて下さい。

(1)1ヶ月後の経過報告
(2)2ヶ月後の経過報告
(3)3ヶ月後の経過報告

追記2

私が摂取しているルテイン系のサプリメントは、記事にあるように“オキュバイト+ルテイン”のみです。

ただ、ここ最近なのですが、この記事が「飛蚊症+サプリメント」で上位表示されるためか、特定のサプリメントを記事内で紹介して欲しいとのオファーがくるようになりました。

しかし、飛蚊症に直接的に効果があるサプリメントは無いようですし、他のルテイン系のサプリメントについても臨床試験等をパスしたものもあまりないようです。

まあ、自分(妻も含む)が実際に摂取していないサプリメントを、記事内で言及してお勧めするのも如何なものかと思いまして、そのようなオファーはお断りしています。

まあ、上位表示される複数のサイトにおいて、ランキング1位で紹介されるサプリメントが同じものばっかりだったら、読む側にとって情報の信頼性が失われるかもしれませんしね。