先日、妻の勤務先の同僚のお家に夫婦で招待されました。

そこで、私は衝撃の兜飾りというか五月人形を見ることになりました。

なんと、それは以下のようなガンダムのプラモデル
(以下、「ガンプラ」)の武者人形だったのです。

MG 真武者玩駄無 戦国の陣

MG 武者ガンダムMk-II

この2機をして、

飾台の上であって、
左に朱色の機体「真武者頑駄無」を、
右には濃紺の機体「武者ガンダムMk-II」を並び立たせ、

背後に金屏風を配置すると共に、全体を透明アクリルケースで覆う、

形態でした。

その姿は、

勇猛果敢な武者を想像させる派手な鎧兜
を成す美しい色彩
阿吽像のように並び立つ姿

まさに、目を見張るものでした。

ちなみに、2機を配置する飾台金屏風アクリルケースは、自作オリジナルで非売品です。

イメージし易いよう、以下に画像検索結果のリンクを置いておきます。

真武者頑駄無
武者ガンダムMk-II

スポンサーリンク



話は戻ります。

なぜ、夫婦で招待されたかと言うと、私と妻の同僚の旦那さん(以下、Kさん)とは、同年代でおそらく気が合うからとの理由でした。

詳しく申しますと、Kさんは、バリバリガンプラモデラーだったのです。

ここで、「ガンプラ」とは、ガンダムシリーズの多様な機体のプラモデルの総称です。

そして、「モデラー」とは、趣味としてプラモデルを作る人です。

ちなみに、このモデラーの中で、自分の作品で収入を得る人を「プロモデラー」と呼びます。

私も、以下の記事にあるように、ガンプラファンです。

ガンダムビルドファイターズ!ファースト世代の中年だけどはまった

最近は、ツイッターでもガンプラモデラーさんを多数フォローし、彼らのアップするガンプラ画像を鑑賞させてもらっています。

この話を伝え聞いたKさんから、ぜひ作品を鑑賞しに来ては如何と招待されたのでした。

私も、最近はツイッターで多様なガンプラを鑑賞させてもらっていますので、目は肥えていると思っていました。

しかし、Kさんの作品のような武者タイプは見たことは無かったため、一瞬、言葉を失うほどでした。

正直に言います。

メチャクチャカッコイイ(;゚Д゚)」です。

この作品、Kさんは1人息子のH君のために製作したものです。

もちろん、H君には祖父母からプレゼントされた本物?五月人形(兜飾り)があります。

でも、H君はガンプラ武者人形の方が気に入っているようでした。

スポンサーリンク



そもそも、五月人形として鎧兜を飾るのは、男子の誕生を祝うと共に、無事な成長強く立派な男子にとの願いを込めるためです。

2機のガンプラ武者人形には、きっとKさんのH君への深い愛情が注がれているのでしょう。

だから、あれだけ素晴らしい作品なのかもしれません。

本来であれば、このガンプラ武者人形の写真を当ブログでアップしようかと思いました。

しかし、Kさんの作品であり、H君への思いを鑑み、遠慮しました。

そこで、苦肉の策として、上記のようにグーグルの画像検索結果のリンクを置くことにしました。

もし、うまくリンク先が表示されない場合は、グーグルの画像検索において、

真武者頑駄無 戦国の陣
武者ガンダムMk-II

を入力して、キーワード検索して下さい。

検索された画像は、どれも素晴らしいものですが、Kさんの作品には及ばないと思います。

さて、このブログを見ているお父さん

今年の端午の節句に向け、ガンプラ武者人形息子さんと自作するのは如何でしょうか。もう一つの五月人形として!

商品レビューによると、パチ組(塗装無しの最低限の組立)でも十分にカッコイイらしいです

新聞紙の兜の作成も良いですが、後に残りませんしね。

私も、妻に「デザインが良いし、1機ほど欲しいな~。」と提案しました。

すると、「いいわよ、マニフレックスのマットを諦めるのなら!」と答えられました。

最近、寝起きに腰が痛いため、マットレスの購入を検討していたのです。

う~ん、中年の私としては、腰痛を抑える方が重要なので、今年のガンプラ武者購入は諦める事にしました。

あくまでも、今年はですが!!

ここで一句、
勇壮な 鎧兜を 自作する

では、また。